DV・モラハラでの離婚

DVやモラハラなど夫婦間の問題は、 これまで単なる家庭内のこととして軽く片付けられ放置されてきました。 しかし、被害者は、身体的のみならず、精神的にも大きな傷を負います。 ただの夫婦喧嘩では片付けられない、 そしてきわめて身近な問題がそこにあります。

DV・モラハラについて

ドメスティック・バイオレンス(DV)は 夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般のことをいいます。 暴力とは言っても最近では殴る蹴るなどの身体的な暴力以外にも、 モラルハラスメント(モラハラ)など、 言葉や態度で精神的に傷つける精神的DVも表に出てくる場合も多いです。

身体的な暴力の例

  • 殴る、蹴る
  • 首を絞める
  • 階段から突き落とす
  • 包丁を突きつける
  • 髪を引っ張る

精神的な暴力(モラハラ)の例

  • 服従させる
  • 発言権を与えない
  • 罵詈雑言を浴びせる
  • 説教をする
  • 電話・メール・ラインなどの内容をチェックする
  • 外出禁止
  • 髪を引っ張る

性行為強要の例

  • 中絶の強要
  • 子どもが出来ないことを非難する
  • 無理やりアダルトビデオを見せる
  • 避妊に協力しない

経済的な嫌がらせの例

  • 仕事をさせない
  • 家計を厳しく管理する
  • 趣味にお金を使わせない
  • 収入を教えない

子どもへの暴力の例

  • 子供に暴力を振るうと脅す
  • 子供を危険な目に合わせる
  • 子どもを取り上げる
  • 自分の言いたいことを子どもに言わせる

加害者の特徴

あまりに日常的な暴力やモラハラなので、 悪いことをしているという自覚症状が全くありません。 そのような家庭内暴力は家族以外は誰も知らない場合が多いので、 さらに暴力や言葉をエスカレートしていくことが多いです。

被害者の特徴

日常的にDVやモラハラを受けている方には、 被害に対する感覚がマヒしてしまう方もいます。 例えば、 「今回は腕の骨も折れていない。ただ叩かれただけ」や 「家から自由にでれないけど大丈夫」などと、 自分自身のDVやモラハラ被害を正しく認識することが出来なくなり、 「自分も悪い」と自分を責めるケースもあります。

家族以外には、なかなか知られることがないので、 これくらいのことは、 どの家庭でもあることだと勘違いすることもあります。 気がついた頃にはPTSD(外傷後ストレス障害)やうつ病、 パニック障害で電車に乗れなくなってしまう場合もあります。

DVやモラハラの証拠を集める

DVやモラハラなどは家庭内で行われる場合がほとんですので、 本人しかわからない苦しみがあり、 親兄弟知人に相談したくても、 誰にも言えないでいらっしゃる方も多いと思います。 1人で抱え込まずに相談されることをオススメいたします。

離婚時に配偶者にDVやモラハラを認めさせるには証拠を撮ることが 有効です。 誰の目から見ても分かる証拠をあつめましょう。 当事務所では証拠を集めるプロの調査会社とも提携していますので 是非ご相談ください。

初回~3回目まで無料相談の安心対応

電話相談24時間受付中

フリーダイヤル 0120-758-153 フリーダイヤル 0120-758-153
トップへ戻る