「離婚したい」と言った夫に専業主婦がつきつけたのは!

こんな生活はもはや、苦しみ以外のなにものでもない 相手のことを信用していないだけでなく、期待もなく、傷つけられ、苦しめられる相手と 一緒に暮らし続けること、そんな生活は苦痛でしかありません。

仮にあなたの夫婦生活がそんなものであったとしたら、どうでしょうか 夫婦の片方が「いない方がいい存在」であるならば離婚したほうがましですが、 じつは離婚というのはそんなに単純なものではありません。

子供がいたらなおさらです。 子供にだけは不自由をさせたくない。といって子供が自立するまで離婚をしないというのも 一つですが、人生は一回だけ。これからの人生を新しく生きていきたいと考える方も おおいと思います。

離婚を勝ち取るために費やすお金は少なければ少ない方が良いのですが、 とはいえお金を渋ることで妻が離婚に応じてくれないのでは本末転倒。 では離婚に対してどのような“値付け”をすれば良いのでしょうか。

仕事をして収入を得て家庭をささえる夫。子育てや家事をこなし夫は違う役割で 家庭をささえる妻。離婚時の慰謝料をどう考えるのか、難しい問題です。

離婚の問題で悩んでいる方、お気軽に当事務所にご相談ください。『離婚相談専門事務所』のアドバイザーが対応いたします。

初回~3回目まで無料相談の安心対応

受付時間9時~22時(年中無休)

フリーダイヤル 0120-758-153 フリーダイヤル 0120-758-153
トップへ戻る