離婚カウンセラー・行政書士・顧問弁護士など夫婦関係の専門家があなたをサポート
離婚相談なら半額の費用できる離婚相談専門事務所まで
離婚相談が初回~3回目まで無料相談

離婚相談・夫婦仲修復・家族の問題は
ひとりで悩まずにまずは相談へ

離婚相談・夫婦仲修復の相談お任せください

当事務所は離婚・夫婦仲・不倫・慰謝料・財産分与・親権・養育費など夫婦の問題でお悩みの方を、 一人でも多く救済したいという想いから離婚相談所をスタートさせました。

ベテランの離婚カウンセラーが24時間365日、相談・カウンセリングを行ない様々な問題に対応しています。 離婚問題は裁判になる前の早期解決が重要ですが、もし裁判など長期間にわたり揉めてしまった場合でも、 経験豊富な顧問の先生と協力し対応いたします。

経験豊富な離婚カウンセラーや顧問が徹底サポート

離婚カウンセラー

代表カウンセラー伊藤 佳子

離婚に伴う不動産の売買相談及び常勤相談員として離婚相談や夫婦仲修復のカウンセリングを担当。 財産問題・不動産問題の知識が豊富で、カウンセラーとしてテレビやラジオの出演をはじめ講演なども開催。 自信が離婚の経験者で、離婚でお悩みの方の気持ちは痛いほど理解しています。 現在、子育て真最中で子どもに対して心のケアの相談も行います。

主な顧問の先生

  • 顧問弁護士伊藤 邦彦

  • 顧問精神保健医野村 紀夫

  • 顧問社会保険労務士福田 剛年

  • 顧問行政書士木村 雅夫

離婚カウンセラー
顧問の先生の情報はこちら

増加している離婚の割合

離婚率の年次推移
出典:厚生労働省「人口動態統計の年間推計」平成24年

厚生労働省「人口動態統計の年間推計」によると、 離婚率は右肩上がりです。2000年に始めて30%台を超えると、 その後は常に30%以上となり、離婚する割合が3組に1組以上の年もあります。

この様に、離婚率が高く推移していることもあり、 当相談所でも、浮気・不倫・金銭問題・DVなど、 さまざまな原因で離婚相談にみえる方が増えています。

離婚で裁判になる前に協議離婚で対応を

離婚の種類別(2008年)
出典:厚生労働省「離婚に関する統計」平成21年度

厚生労働省の平成21年度「離婚に関する統計」によると、 離婚の種類では、約90%が「協議離婚」によって離婚しています。 「裁判での離婚」はわずが3%弱となっています。

しかし、協議離婚とはいえ、素人同士の約束ですと後々、慰謝料・養育費・財産などで、もめる原因ともなります。 離婚に悩んでいる方は、裁判になる前に離婚の専門家に依頼し離婚協議書を依頼し、 協議離婚で素早く対応することが重要です。 しかも、裁判になると費用もかさみ、お金や子どもなどの事で、長期間にわたり揉める可能性もあります。

離婚は計画を立てて

相談者A様の離婚相談後の結果
慰謝料(DVあり) 500万円
財産分与 2,000万円
養育費 毎月4万円(子どもが20歳まで)
子供の親権 取れる
年金 もらえる

計画を立てず、心の思うがままに行動すると大変な失敗をします。 離婚問題の素人に相談したために、不利なことをしてしまうケースや、 やるべきことを実行しなかったために大きく損をすることもよくあります。

例えば相談者A様の例では、 相談内容をもとに離婚相談のプロが離婚協議書を作成することで、 A様の希望する形で離婚することが出来ました。

当事務所では 愛知県はもとより、県外からのご依頼も受け付けていますのでお気軽にお問い合せください。 失敗を引き起こさないためにも当事務所が全面的にサポートいたします。

離婚カウンセラーがブログも更新中

離婚カウンセラーの
ブログをもっと見る

初回~3回目まで無料相談の安心対応

相談予約を24時間受付中

フリーダイヤル 0120-758-153 フリーダイヤル 0120-758-153
トップへ戻る